優位感覚をコミュニケーションに生かす!VAK理論と活用方法

優位感覚・VAK

優位感覚・VAKとは?

「優位感覚」とは、個々の人が情報を受け取る際に優先する感覚のことで、通常は視覚、聴覚、体感覚の3つに分類されます。

この3つのカテゴリーは、VAK(Visual, Auditory, Kinesthetic)として知られ、それぞれのタイプがどのような特徴を持ち、どのようにコミュニケーションに生かせるのかを探っていきましょう。

VAKモデルとは

皆さんはVAKモデルという言葉を聞いたことがありますか?これは、我々がどのように情報を得て理解するかを表すモデルの一つです。

VAKは視覚(Visual)、聴覚(Auditory)、体感覚(Kinesthetic)の頭文字を取ったもので、これらは私たちが獲得する情報の三つの主要なチャネルを表しています。

3つの優位感覚「視覚」「聴覚」「体感覚」の特徴

【V:視覚優位の特徴】

視覚優位の人は情報を視覚的に捉えることを好みます。色や形に敏感で、ビジュアルがリッチな情報を好む傾向があります。視覚優位の人は、ビジュアル情報が多いほど理解しやすく、情報を効率的に処理することができます。

例えば、図表やグラフを見ることで複雑なデータをすぐに理解したり、イラストや写真を通じて物語をより深く感じたりします。

【A:聴覚優位の特徴】

聴覚優位の人は、音や言葉を通じて情報を獲得することを好みます。音楽や話す声に注目し、そのリズムやトーン、音量等から多くの情報を得ます。会話を通じて情報を得ることが得意で、口頭で指示を受けることに適応しています。

例えば、音楽を聴きながら学習することで集中力を上げたり、講義やプレゼンテーションを通じて新しい知識を吸収することが得意です。

【K:体感覚優位の特徴】

体感覚優位の人は、触感や動きを通じて情報を得ることを好みます。自分自身の身体感覚を通じて世界を理解しようとします。

例えば、新しいスキルを学ぶとき、実際に行動を体験することで最も効率的に学びます。また、物事を理解するためには実際に試してみることを好む傾向があります。これは、自分自身の経験を通じて最も深く学ぶからです。

【事例】VAKタイプ別の接し方

たとえば、視覚優位の人に何かを教えるときは、ビジュアルを多用することが有効です。

聴覚優位の人に対しては、音声の説明や口頭での指示が役立ちます。

体感覚優位の人には、実際に行動を体験させることで情報を理解させることが可能です。

VAKを活用するとコミュニケーションにも役立つ

VAKモデルを理解することで、私たちは自分自身や他人の情報処理スタイルをより深く理解することができます。これにより、自分自身の学習方法を最適化するだけでなく、他人とのコミュニケーションを向上させることも可能です。

VAKモデルを使って自分の優位感覚を知り、それを活用することで、自分自身の学習効率を向上させたり、他人とのコミュニケーションをスムーズにできます。

人それぞれに優位感覚があることを理解し、効果的なコミュニケーションに生かしましょう。

関連記事

  1. 6ヶ月間共に学んだ「講師塾」

  2. マスタートレーナーアソシエイト認定を受けました

  3. NLPコーチング資格取得の流れ

  4. 感じ方(感情)の癖を変えて、自分自身を豊かに生きる

  5. コーチング資格

    コーチングをするとき国家資格や民間資格は必要?資格の選び方や…

  6. 実践講座3日目を迎えて(NLPコーチング・ベーシックコース)…

\最新日程を追加しました/本日以降の空き状況を見る ▶︎