自らが輝き、他者を輝かせる
NLPコーチング®︎

人生を豊かにするNLPコーチング®︎
15年の実績と高い専門技術

NLPコーチング®は、当協会の登録商標(登録5023453)であり、日本で唯一、正式な米国NLP協会NLPコーチング®資格を取得できます。「自分らしい人生を送りたい」「人に喜ばれる仕事をしたい」など、豊かな人生を創造したい人のために、人生に変化を起こすための専門スキルが学べます。また、プロコーチや講師として活躍したい方は、深層心理にアプローチするNLPコーチング®の高度な心理技術が体系的に学べます。

講座

こんな方におすすめ

Q&A よくある質問

NLPコーチング®︎を学ぶと、どのように活かせますか?

NLPコーチング®︎は、自分自身の目標達成や自己変革に活かせると共に、コーチの技術を活用して他者変革にも活用することができます。次のように、様々な場面で個人や組織の課題を解決したり、サポートするためのNLP心理学にもとづくコーチング技術を習得することができます。

【個人のテーマ】
ビジョン・目的を探求する
自分らしく生きる
自己肯定感を高める
自己実現を図る
夫婦関係・恋人関係・友人関係・親子関係の改善 etc

【組織のテーマ】
目標達成
チームビルディング
上司部下の関係
リーダーシップ
フォロワーシップ
問題解決
イノベーション
生産性向上 etc

カウンセラーにとって、NLPコーチング®︎の技術はどのように有効ですか?

カウンセラーは、相手(クライアント)が直面している現実に自ら向き合い、新しい理解や洞察に自発的にたどり着き、実生活の問題や悩みに主体的に対峙していけるように、傾聴を通じて継続的なサポートを行います。

その際、マイナスの気持ちの状態からフラットな状態へと気持ちを改善することが求めらますが、マイナス状態が強いクライアントの場合、傾聴を中心としたアプローチでは堂々巡りになり時間がかかる場合があります。

そのような時、NLPコーチング®の即効性ある介入アプローチは大変有効です。クライアントが話たくない辛い状況を具体的に聞きすぎる必要もなく、イメージを扱うことで即効的な変化を起こします。適切な介入アプローチにより短期間で状態改善を図ることが可能となります。

「NLPコーチング®」のⓇマークは何ですか?

Ⓡマークは、その言葉が商標登録されていることを表しています。「NLPコーチング」は当協会の登録商標です。商標とは「事業者が自社の取り扱う商品・サービスを他社のものと区別するために使用するマーク(識別標識)」です。

よって「NLPコーチング」という名称を使用してセミナー等の知識の教授をサービスとして提供できるのは、日本国内において当協会のみとなります。

特許庁によると、事業者が長年継続して商品やサービスを提供することにより、商標に「信頼」「安心」といったイメージや価値が定着するため、このような商品やサービスに付ける名称を法律で守ることが「商標権」という知的財産権の目的です。

当協会は、米国NLP協会の認定「NLPコーチング®︎」コースを国内で初めて公式開催し、約15年に渡りNLPコーチング®に関する活動やサービス提供を行っております。当協会およびその資格を取得した受講者の方の知的財産権を保護するため「NLPコーチング」の商標登録を行い、他団体のコーチング講座等と明確に区別しております。

お問い合わせ