スクールの特長

日本で唯一の米国NLP協会「NLPコーチング®」認定スクール

当スクールは、日本で唯一、米国NLP協会から正式に認定を受けた「NLPコーチング®」資格認定プログラムの実施スクールです。NLP領域における複数の世界的リーダー(リチャード・バンドラー、クリスティーナ・ホール、ロバート・ディルツ等)の知見とトレーニングメソッドを導入しています。 世界レベルの高いクオリティと有効性が確認されたノウハウ満載のNLPコーチング®プログラムを受講いただけます。

米国NLP協会公認スクールとしての実績

15年の実績。企業の人財育成に応用

当協会代表理事の二階堂は、業界に先駆けていち早くNLPコーチング®の可能性に着目。2005年よりNLPとコーチングを融合した技術を「NLPコーチング」と呼称しプログラムを作成。2007年に「NLPコーチング®︎」を特許庁に申請し登録商標(登録5023453)となりました。以後、リーダーシップ研修やチームビルディング研修など人財育成の場でプログラムを提供して参りました。

当時、NLPコーチングは、世界的に見ても資格プログラムとしてはまだ体系化されておらず、日本では、ほとんど認識されていませんでした。そこで当協会は、NLPやその他心理学、コーチング、プレゼン技術などを融合し、人財育成におけるコーチングプログラムとして構築しました。

企業研修でも高い評価を得ることができ、売上高1兆円超の一部上場企業や、フォーチュン500社にランキング入りしているグローバル企業を含む、国内外の一流企業の研修にて実施して参りました。

現在、当協会は、米国NLP資格認定NLPコーチング®︎プログラムが実施できる唯一の公認スクールです。当協会の資格取得者は、日本国内において「NLPコーチング®」の呼称をビジネスやコーチングの場面で有効に使用いただくことが可能です。

 

オンラインコーチングの実践的ノウハウを習得できる

新しい生活様式(ニューノーマル)の時代を迎え、働き方やコミュニケーションの方法が変わりつつあるなかで、オンラインのニーズがますます高まっています。リモートワークで会議に参加したり、自宅でzoomなどのツールを使って講座を受けることなどが一般的になりつつあるなか、コーチングもオンラインで実施するニーズが増えています。

一方、これまで対面や電話でコーチングを行っていたコーチのなかには、オンラインに苦手意識を持っている人も散見されます。特に、深層心理を扱うNLPコーチングにおいて、非言語コミュニケーションの減退が起こるオンラインは、難易度が高くなります。

当協会は、受講者の皆様がオンラインの特性とNLPコーチングの効果性を理解し、高い成果を上げていただくための実践的なスキルを習得する機会を提供しております。オンラインコーチングに自信を持っていただき、これからの時代にますます求められるコーチとしてご活躍いただけるようサポートしております。

確かな実績を持つ、満足度の高い講師陣

専門知識に基づく深い学びを提供できる実力と実績

当スクールで登壇している講師陣は、NLP及び関連する心理学に精通し、一流のトレーニング現場で高い実績と評価を得ている人に限られています。もちろん複数の専門資格を保持していますが、国際資格を複数持っていることだけを講師選定基準として重視するのではなく、専門知識に基づく深い学びを提供できる実力と実績を総合的に持つ講師陣となっております。

人間力豊かな講師陣

また参加された方の成長を心から願い応援できる人間性も兼ね備えている必要があります。様々な事例や柔軟なわかりやすい教授法を身につけ、どなたが参加していただいても満足していただける経験豊かな講師陣がトレーニングしております。

大学教育・大手研修教育機関での取り組み

当協会の講師陣は、日経ビジネススクール、日本能率協会(JMA)、日本産業カウンセラー協会等の大手研修教育会社での公開研修にも登壇しています。また、早稲田大学・立命館大学・東北福祉大学・デジタルハリウッド大学院にて客員教授を歴任するなど、大学教育の分野においても、NLPコーチングの知見を取り入れに教育活動に取り組んでいます。

「学びの腑に落ち感がハンパない!」

この言葉は、当スクールで受講された、ある企業人事部の責任者の感想です。NLPの学びを深く腹落ちさせ、自ら実践し、仕事や人生に成果を出せるようにするためには、講師が柔軟なトレーニングを行えることが大切です。それには、プログラムを型どおりに伝えるのではなく、参加者一人一人の特性や思考パターンを見抜き、その場の参加者に合わせた加速学習を促す専門性や高い教授技術が求められます。

日米4つの資格を取得可能

NLPコーチング®︎の国際資格が取得できる

資格認定要件を満たし、所定の申請をしていただくと 米国NLP協会から「NLPコーチング®」の認定書が発行されます。NLPコーチング®「認定NLPコーチ」を取得すると、その上位資格である、NLPコーチング®「認定プロフェッショナルNLPコーチ」を目指すことができます。

例えば、当スクールにて「認定NLPコーチ」養成プログラムを修了し、所定のコーチング要件等をクリアした方は、以下のように4つの資格を取得することが可能です。

米国NLP協会認定資格
①米国NLP協会「認定NLPコーチ」
②米国NLP協会「認定NLPプラクティショナー」

日本NLP能力開発協会認定資格
③日本NLP能力開発協会「認定NLPコーチ」
④日本NLP能力開発協会「認定NLPプラクティショナー」

※「プロフェッショナルNLPコーチ」の資格についても同様に日米4つの資格を取得することが可能です。

NLPコーチングの国際資格を取得できると同時に、資格取得後に国内の各方面で実績を持つ当協会と連携して、NLPコーチング®︎の商標を使用しながら、ご自身のビジネスやコーチング等に活かしていただく際にも資格を役立てていただくことが可能となります。

当スクールがトレーニングで大切にしていること

一人ひとりの課題に寄り添うトレーニング設計

当協会の講師は、参加される方が持つ課題や問題意識などを可能な限り一人ひとり把握します事前ヒアリングや、受講中の発言などを通して一人ひとりの様子を把握し、学習プロセスを通じてその課題解決に貢献できるように効果的に働きかけを行います。参加される方にとって豊かな学びが提供できるよう「受講者に寄り添い、質の高い学びを提供すること」を大切にしています。

学習プロセスが楽しいこと

当スクールを受講している方からよく言っていただくのは、「参加すると元気になる」という言葉です。私たちは受講者の皆様にとって、楽しみながら効果的な学習を続けていただくことを願っています。学習効果を最大化するためにも、無邪気な子供のように好奇心を持って学ぶ姿勢を持っていただける環境を作ることを大事にしています。また、学習プロセスを楽しむことは、米国NLP協会理事長であるクリスティーナ・ホール博士が常に私たちトレーナーに伝えていることでもあります。

受講者同士の信頼構築の促進

講師は、一人ひとりが安心して学んでいただけるよう受講者間のコミュニケーション促進や、信頼関係が構築されるようなファシリテーションを心がけています。講座の中では、自己開示を通して学ぶことがありますので、お互いが安心して信頼できるように働きかけています。

多様性(ダイバーシティ)の理解

スクールでは、年齢やバックグランドが異なる、様々な分野の方が同席して学ぶため、お互いの違いがクローズアップされることもあります。そのような違いこそが新たな学びや発見が促進される貴重な機会となります。NLPを仲立ちとして多様性(ダイバーシティ)を伝えることで、お互いへの理解が促進され人間理解が深まります。

受講を通じて自己成長を感じられること

自己変革が促進されやすく、受講を通じて自己成長を感じられるトレーニング設計となっております。実際、受講者の多くから「日常生活や仕事での考え方・在り方に良い変化が生まれた」との言葉をいただいています。受講前は悩み多き状態だったのが、NLPコーチングの講座で自己変革・他者変革に携わる機会を継続的に持つことで、いつの間にか「問題がなくなっていった」と実感される方も多いようです。

自己成長や他者支援を志す良き仲間との出会い

大人になってからの良き仲間が自然にできるのが当スクールの特徴でもあります。私どもの自慢は、いつも本当に素晴らしい受講者の方に恵まれることです。参加された方からも「一緒に学ぶ仲間が非常に良い」「ここに来るのがとても楽しい」と感想をいただきます。自己成長と他者支援を志す仲間が集まり、共に成長できるのは、本当にかけがえのない貴重な経験となります。


リーダーとプロフェッショナルのためのNLPコーチング講座

当協会は、社会の各所で活動しているリーダーやプロフェッショナルの皆様が仕事・日常生活の中で抱える課題に対して、NLP等の心理学メソッドを応用し、実践的な解決策をご提供しています。

リーダーのためのNLP資格認定講座

リーダーとして人を導くには人間理解が欠かせません。NLP心理学を習得することにより、多様性ある他者との関係構築に自信をもっていただけるようになります。人間理解が促進するとともに、自分の目的意識やビジョンが明確になります。それによって、自身の影響力や魅力を向上させることができ、社会生活のなかでますます重要な役割を果たして行かれるでしょう。 

  • NLPベーシックコース(NLPプラクティショナープログラム)
  • NLPアドバンスコース(NLPマスタープラクティショナープログラム)
プロフェッショナルのためのNLP資格認定講座

NLP心理学の習得に加えて、他者変革の効果的なアプローチを習得します。リーダーとしてメンバーの育成・指導をする際や、コーチ、カウンセラー、講師などのプロフェッショナルとして、相手(クライアント)に変化や改善を効果的にもたらすことができるようになります。プロコーチとしての確固たる自信をもっていただけるでしょう。

  • 認定「NLPコーチ」
    ビジョンコーチング
    ライフコーチ養成講座
  • 認定「プロフェッショナルNLPコーチ」
    ビジネスコーチング
    メンタルコーチング
    トランスフォーメーションコーチング
  • 認定NLPコーチング®︎トレーナー

コーチとして本物の実力を身につけることができる

メンタルコーチング領域を深く学べる

本NLPコーチング®︎プログラムの特筆すべきは、メンタル領域の学びの深さです。メンタルトレーニング分野は近年、企業のメンタルヘルス対応においても、カウンセリング等の従来のアプローチより即効性があるNLPコーチング®のアプローチは高い評価を得ています。

マインドフルネスを身につける

当協会の「NLPコーチング®」プログラムは、グーグルの人材育成でも活用されているマインドフルネスのエッセンスを導入し、感情をコントロールし、集中力・創造性・共感力を向上できる有効なノウハウが含まれています。受講者の皆さまには、実効性とクオリティが高いプログラムを学び、NLPコーチングの本物の実力を身につけていただくことが可能です。

コーチ自身が心の習慣的なパターンを効果的に改善することができるようにマインドフルネスのワークをベースに据えています。また、クライアントをマインドフルな状態に導く方法を学びます。このことで、深層心理に働きかけるメンタル面への深いアプローチが可能となります。

従来のコーチングの壁を超える視点

一般的なかつ初歩的なコーチングでは、未来のイメージを引き出し、そこに向かうための行動やマイルストーンを計画します。しかし、この方法だけでは「コーチングを受け、計画を立てても実行できない」という状態に陥る場合があります。その理由は、クライアントが過去の体験に制限を受けた状態で未来のイメージを引き出しても、良いパターンが本人の中で定着していないので、未来のイメージも自己の固定観念(思い込みなど)に制限を受け、本当に望む未来像がイメージできないことがあるからです。

メンタルブロックを解放し、豊かな未来を創る

当スクールのメンタルコーチング領域では、このようなクライアントのビリーフを見極める方法と制限を解除する方法をしっかりと理論と実技を通して学びます。クライアントの幼少期からの育成過程を理解し、未来に向け統合されたパーソナリティ形成を行うための関わり方と技術を学びます。

従来のコーチング手法だけでなく、感情記憶と反応パターンを理解し、変化を起こすNLPの持つセラピーの要素が加わり生産的な心理ポジションを通して豊かな未来を構築するための専門的なNLPコーチング技術を習得します。本コースを学ぶことで、クライアントの深層心理を取り扱う技術に自信が持てるようになるでしょう。

コーチとしての「伝える力」を引き出す学習

また当スクールでは、NLP心理学を仕事や日常生活で実用的に活用できるためのアプリケーション(応用)を得意としており、講座を受講する中でコーチング力はもちろん、人に分かりやすく伝えるためのプレゼン力(伝える力)を同時に習得することができるような学習促進(ファシリテーション)を行っております。ワークショップの中での学びや気づきをグループや全体で共有する機会もあり、その際に「伝える力」を養うノウハウを習得していただくことが可能です。

当協会のこれまでの実績

2008年よりNLP資格認定講座を開催


当協会の代表理事は、2008年よりNLPトレーナーとして資格認定講座を開催し、これまで多くのリーダーやプロフェッショナルを輩出してまいりました。当協会講師が実施した研修・セミナー受講者の方の中には、経営者・役員・管理者、人事・教育関係者、講師・コーチ・カウンセラー・コンサルタント等を含む多くの方がいらっしゃいます。

累計で5万人以上の皆様が受講

企業研修においては、日経ビジネススクール・日本能率協会・日本産業カウンセラー協会などを通じて、日本を代表する多くの優良企業の皆様にもリーダーとして実践的に活用いただけるノウハウをご提供してまいりました。また、大学教育の場でも心理学をベースとした実践と理論を講義。当協会の講師陣は4つの著名大学の客員教授としても活動しております。認定コースと合わせ、これまで累計で5万人以上の方に学びを提供してきました。

NLPを話術に応用

当協会の代表理事は、NLPの理論と技術を話術に応用した【戦略的話術】〜オバマに学ぶNLPプレゼンテーション〜の著者であり「ニューヨークタイムズ」に日本のコミュニケーションの専門家として紹介されました。NLPを話術やプレゼンテーションを応用した研修は、各界から高い評価をいただいております。

<ご推奨の言葉>
当協会代表理事の二階堂忠春・田中千尋による書籍「『戦略的話術』 ~オバマに学ぶNLPプレゼンテーション~」(廣済堂出版)に頂戴した 各位からのご推奨の言葉を掲載いたします。

■米国NLP協会理事長クリスティーナ・ホール博士
「私のもとで学んだ二人の才能あるトレーナーが、NLPプレゼンテーションの実践的なスキルと方法を示してくれた」

■吉田沙保里氏(元女子レスリング55キロ級)
「オバマ流の話術を身につけると、世界で『勝てる』話し方になります!」

■杉山和之氏(デジタルハリウッド大学大学院学長)   
「感動が信頼を呼び起こし、真のコミュニケーションを生む! デジハリ大学院の人気教授2人が、究極の極意を解説した」

■吉田就彦氏(チェッカーズを産んだ名プロデューサー/ デジタルハリウッド大学大学院教授)
オバマ演説の解説本は数あれど、使えるアンチョコだらけの究極の一冊がこれだ。これで君もオバマになれる!」

 

当協会はこれからも、リーダーやプロフェッショナルの皆様に 体系的かつ専門的な実践スキルをご提供し、「自らが輝き他者を輝かせるプロフェッショナル」となる皆様とともに、 学びを通じた能力開発で個人と社会を豊かにしてまります。

普段お忙しくされている皆様でも、当スクールに来ていただくことで楽しく元気になり、自分と向き合う貴重な機会を持ち、ご自身のお仕事や人生に良き変化をもたらしていただけることでしょう。素晴らしい自己成長の一歩を踏み出される皆様とご一緒できるのを、スタッフ一同、心から楽しみにしております。

お問い合わせ