カウンセラーにとって、NLPコーチング®︎の技術はどのように有効ですか?

カウンセラーは、相手(クライアント)が直面している現実に自ら向き合い、新しい理解や洞察に自発的にたどり着き、実生活の問題や悩みに主体的に対峙していけるように、傾聴を通じて継続的なサポートを行います。

その際、マイナスの気持ちの状態からフラットな状態へと気持ちを改善することが求めらますが、マイナス状態が強いクライアントの場合、傾聴を中心としたアプローチでは堂々巡りになり時間がかかる場合があります。

そのような時、NLPコーチング®の即効性ある介入アプローチは大変有効です。クライアントが話たくない辛い状況を具体的に聞きすぎる必要もなく、イメージを扱うことで即効的な変化を起こします。適切な介入アプローチにより短期間で状態改善を図ることが可能となります。

お問い合わせ