NLPコーチングを日常に活かす

自分自身の改善・向上や仕事への応用、子供の教育など、NLPコーチング®は様々なシーンで活用することが可能です。

無意識の反応パターンを改善できる「NLPコーチング」

私たちは良くも悪くも、これまでの経験を通して「教え込まれた考え方」や、「学んだルール」などを生き方に取り入れ、自分の人生で再確認しながら現実を創り上げていきます。 他の方法があるにもかかわらず、「唯一この考え方しかない!」と固く思い込んでしまうことが 固定観念となり「真実」のように凝り固まります。 このようにして、人生の重要な場面で、 いつも同じような選択をしてしまうケースが出てきます。

例えば・・・

  • 反論されると冷静に対応できない
  • 人と交渉する場面で、相手にいつも威圧感を覚える
  • 苦手意識を感じるタイプがパターン化されている
  • 人前で話すと緊張する
  • 異性の前では自由に振る舞えない
  • 同性とはコミュニケーションが取りにくい
  • 自分の収入を上げることは自分の力では無理だと感じる
  • どうしても分かり合えないと思う人がいる  etc.

自分を制限するような同じようなパターンが繰り返される場合、 なぜそうなってしまうのかが解らず、対応に困ります。 一方で、そのことがはっきりと意識できた時は、古いパターンを卒業し新しい変化を起こす時期が来ているともいえるのではないでしょうか。

人生脚本やインプリンティング

これらのパターンは「人生脚本」や「インプリンティング(心への刷り込み)」とも呼ばれ、最近ではよく知られる考え方になってきています。 しかし、本などで読み知識があるとしても、自分自身の人生に変化を起こす技術として実践的に使える方は非常に限られています。

NLPコーチングのアプローチ

「NLPコーチング」において、コーチは、まず、クライアントが「思い込み」や「繰り返されるネガティブパターン」に気づくように関わります。そして、新しいポジティブな反応ができるよう、これまでのプログラムの再構築を行います。それは、対処療法的なものではなく、課題の奥にある根本的なビリーフに焦点を当て、望ましい状態を実現する方法です。

プログラム内容は、マインドフルネスをベースに取り入れたユニークなアプローチで、日常や仕事の場面でも活用しやすいのが特徴です。 学んだ技術を継続して磨いていくことで、自分自身にも周囲の人々にも良い影響力が発揮できるようになります。

「NLPコーチング」の活用目的と範囲(例)

1. 自分自身の改善・向上

  • 目標達成への志を高める
  • 目的意識とセルフイメージの構築
  • 心の歪みを取り自信を高める
  • 悩みや課題に対して的確にアプローチする
  • マインドフルネスを実践し創造力や直観力を高める
  • 自分の人生を豊かに生きるノウハウを実践する

2. 仕事への応用

  • 相手に安心感を与えるコミュニケーションを実践する
  • 苦手な人との関係構築
  • 後輩や部下の成長をサポート
  • 顧客の思い込み(ビリーフ)に変化を与える
  • 好印象をもたらすセルフイメージを創る
  • 仕事へのモチベーション創出
  • 営業・交渉力を向上させる質問・話法の実践

3. 家族・友人・クライアントの才能の開発

  • 能力開発のためのコミュニケーション
  • 個人の才能への理解と見極め
  • 豊かな習慣を創るための言葉の使い方
  • パーソナリティが形成されるプロセスの理解
  • 無意識のネガティブな記憶の解消  etc.

 

お問い合わせ