協会沿革
  • 平成14(2005)年4月
    NLP&コーチングを個人および企業に提供開始
    NLP・コーチング理論を基盤とした研修プログラムを開発し、企業研修として提供を開始。また、個人を対象としたNLP・コーチングセッションを提供し、多くの人の自己変革をサポート。
  • 平成18(2006)年4月
    NLPコーチング®商標出願
    NLPとコーチングの双方の概念を融合することに着想し「NLPコーチング」と呼称。その有効性を検証するために「NLPコーチング」関連の研修・セミナーを運営。日本で初めて特許庁に「NLPコーチング」商標を出願。
  • 平成19(2007)年2月・11月
    NLPコーチング®商標登録
    特許庁により「NLPコーチング®」商標が認可され、正式に登録される。(第5023453号・第5089796号)
  • 平成19(2007)年4月~
    デジタルハリウッド大学院 客員教授就任
    デジタルハリウッド大学院と連携し、NLPコーチング®の技術を活用したプロデューサー能力開発講座を開催。(当協会の代表理事である田中千尋・二階堂忠春の2名が客員教授として授業に登壇し現在に至る)
  • 平成21(2009)年5月
    書籍『戦略的話術』出版
    当協会の代表理事である田中千尋・二階堂忠春が共著にて「聞き手を熱狂させる!戦略的話術 ~オバマに学ぶNLPプレゼンテーション~」(廣済堂出版)を出版。
  • 平成22(2010)年4月~
    東北福祉大学 特任准教授就任
    当協会の代表理事である二階堂忠春が、東北福祉大学 特任准教授となり現在に至る。
  • 平成22(2010)年7月29日
    当協会設立
    一般社団法人 NLPコーチング協会(当協会の前身)設立。
  • 平成24(2012)年12月~翌3月
    NLPのWEB検査ツールを開発
    教育関連企業との協働で、NLPコーチング®の言語パターンを活用した「コミュニケーション特性検査」(WEB検査ツール)を開発。人材開発に有効な診断アセスメントとして、多くの企業研修に活用・導入されている。
  • 平成26(2014)年10月
    米国NLP協会公認「NLPコーチング」
    米国NLP協会より認定「NLPコーチング®」資格を発行できる日本唯一の教育団体として認められる。
  • 平成26(2014)年10月
    米国NLP協会公認「NLPコーチング」
    当協会の代表理事である田中千尋が、早稲田大学商学部 招聘講師となる。
お問い合わせ