NLPプラティクショナーとマスタープラティクショナーだけではプロコーチとしては認められないのでしょうか?

NLPプラクティショナーコース、NLPマスタープラクティショナーコースは、主に自分自身が実践者として自己変容を起こしていくためのノウハウを学びます。
人間の思考・感情・行動などに関連する認知メカニズムや、意識・無意識の構造を学ぶことで人間理解を深めることができます。
その技術を他者へと応用していただくことも可能です。

一方で、NLPコーチングコースでは他者の深層心理に働きかけ、変容を起こさせる他者支援のノウハウを学びます。
NLPとコーチングを融合した効果的なスキルを学ぶ機会があり、プロコーチとして活動するためのメソッドも含まれます。

当協会では、米国NLP協会「認定NLPコーチ」の資格を取得していただくことができますが、そのためには、NLPプラクティショナーを修了したうえでNLPコーチングコースで学んでいただく流れとなります(認定要件として、5人以上30時間以上の実践コーチング等が必要となります)。

また、プロフェッショナル認定NLPコーチ(プロコーチ)の場合は、NLPプラクティショナー修了→NLPマスタープラクティショナー修了、NLPコーチングコース(ベーシック、アドバンス)修了後に認定要件を満たし、認定試験を合格することで資格取得することができます

\最新日程を追加しました/本日以降の空き状況を見る ▶︎