日本NLP能力開発協会NLPコーチング®(NLPコーチング資格取得・NLP資格認定・各種NLPセミナー)

【運営】一般社団法人 日本NLP能力開発協会

  • 03-6721-9676
  • お問い合わせ

1.日本で唯一の米国NLP協会認定「NLPコーチング®」資格取得!!

当スクールは、日本で唯一、米国NLP協会から正式に認定を受けた「NLPコーチング®」資格認定プログラムの実施スクールです。NLPコーチングは、NLPとコーチングを融合した、深層心理に働きかけるプログラム。 他者変革・自己変革を起こす効果的なスキルが満載です。

NLP領域における複数の世界的リーダー(リチャード・バンドラー、クリスティーナ・ホール、ロバート・ディルツ等)の理論体系とトレーニングメソッドを導入しています。 世界レベルの高いクオリティと有効性が確認されたノウハウ満載のNLPコーチング®プログラムを受講いただけます。

FotorCreated

また、本NLPコーチング®プログラムは一流企業の研修でも高い評価を得ております。 実績としては、売上高1兆円超の一部上場企業や、フォーチュン500社にランキング入りしているグローバル企業を含む、国内外の一流企業の研修にて実施した教育研修プログラムのエッセンスが、本NLPコーチング®プログラムにも含まれています。

グーグルの人材育成でも活用されているマインドフルネスを導入し、 感情をコントロールし、集中力・創造性・共感力を向上できる 有効なノウハウが含まれております。 受講者の皆さまには、実効性とクオリティが高いプログラムを学び、 NLPコーチングの本物の実力を身につけていただくことが可能です。

FotorCreated

資格認定要件を満たし、所定の申請をしていただくと 米国NLP協会から「NLPコーチング®」の認定書が発行されます。NLPコーチング®「公認NLPコーチ」を取得すると、 その上位資格である、NLPコーチング®「公認プロフェッショナルNLPコーチ」を 目指すことができます。

 

2.「ビジネス」と「メンタル」に特化したオリジナル上級コースも

NLPコーチング®の学習者は、 オリジナル上級コースとして「ビジネス」と「メンタル」それぞれに特化した上級プログラムを学び、NLPコーチとしての実力を高めることが出来ます。

ビジネスコーチング

当協会のビジネスコーチングは、ビジネス分野の背景理論としては、マネジメント・コミュニケーション分野で定評のある組織行動論やリーダーシップ開発の要素が含まれています。

部下育成や他者との交渉・営業などの現場では、相手のニーズや本音をヒヤリングするコーチング力は欠かせません。その上で、効果的なコミュニケーションを行い的確なアプローチすることが求められます。ビジネスコーチングでは、そのようなビジネス現場に則した実例でトレーニングを行います。

FotorCreated のコピー 4

 

担当講師は、ニューヨークタイムズに日本のコミュニケーションの専門家として取材を受け世界に紹介された二階堂忠春トレーナー。NLPをいち早く企業研修に応用した先駆者でもあり、各企業から高い評価を得ています。

ビジネス・コーチングでは、NLPメソッドの中でも特にコーチングに有効な、メタプログラム(言語パターンによる行動特性)のプロファイリング方法を学びます。このWEB検査(アセスメント)は、当協会が日本人向けに独自に開発し、企業研修でも導入しています。自己・他者の能力に気づくことができるため、企業の人事担当者や研修受講者から高い満足度を得られるツールとなりました。研修講師の方々にも使いやすいと好評を得ています。

FotorCreated

この個人のメタプログラムが測定できるアセスメント(コミュニケーション特性検査)は、自己理解と他者理解に役立てることができます。 インターネット環境があれば、どこからでも約15分で受検が可能です。

メタプログラムの組織開発への活用の仕方を学ぶだけでなく、本アセスメントを廉価で仕入れて販売できる権利が得られます。 個人または組織のNLPコーチングに活用していただいたり、 講師の研修ツールとして活用することが可能となります。

※本プログラムは、当会の資格取得者向けのオリジナル上級コースとなります。開催の詳細については、お問合わせください。

メンタルコーチング

メンタル分野は、近年、企業のメンタルヘルス対応においても、カウンセリング等の従来のアプローチより即効性があるNLPコーチング®のアプローチは高い評価を受けています。本コースのプログラムには、一般的なコーチングセミナーにはあまり見られない専門性の高い内容が含まれています。

text

コーチ自身が心の習慣的なパターンを効果的に改善することができるようにマインドフルネスのワークをベースに据えます。また、クライアントをマインドフルな状態に導く方法を学びます。このことで、深層心理に働きかけるメンタル面への深いアプローチが可能となります。

また、一般的なコーチングでは、未来のイメージを引き出し、そこに向かうための行動やマイルストーンを計画します。しかし、この方法だけでは「コーチングを受け、計画を立てても実行できない」という状態に陥ることもよくあります。

それは、クライアントが過去の体験に制限を受けた状態で未来のイメージを引き出しても、良いパターンが本人の中で定着していない場合、未来のイメージも自己の固定観念(思い込みなど)に制限を受け、本当に望む未来像がイメージできないことがあるからです。

メンタルコーチングでは、このようなクライアントのビリーフを見極める方法と制限を解除する方法をしっかりと理論と実技を通して学びます。クライアントの幼少期からの育成過程を理解し、未来に向け統合されたパーソナリティ形成を行うための関わり方と技術を学びます。

従来のコーチングだけでなく、感情記憶と反応パターンを理解し、変化を起こすNLPの持つセラピーの要素が加わり生産的な心理ポジションを通して豊かな未来を構築するための専門的なNLPコーチング技術をトレーニングします。本コースを学ぶことで、クライアントの深層心理を取り扱う技術に自信が持てるようになるでしょう。

Created

 ※本プログラムは、「公認プロフェッショナルNLPコーチ」養成コースの中で学習することができます。

 

3.NLPコーチング® の最上位資格およびトレーナー(講師)を目指せる

NLPコーチング®「公認トレーナー」資格を取得すると、ビジネスとして、以下のNLPコーチング®講座を開催が可能になり (社)日本NLP能力開発協会から公認資格を発行することができるようになります。

【公認NLPコーチ養成コース:全12日間】
1.NLPコーチング®ベーシック【10日間】 定価 300,000円(税込)
  ※前半・後半などに分割して開催が可能

2.NLPコーチング®アドバンス【2日間】  定価 60,000円(税込)

TT

 NLPコーチングは、ライフコーチング、メンタルコーチング、ビジネスコーチングと汎用性が広いのが特徴です。今後、ますます社会に求められるコンテンツとなることでしょう。あなたが、トレーニングを通して多くの方の可能性を拡大させ、自分らしく生き、人生を豊かにする伝達者として活躍されることを期待してます。

 

4.NLPコーチングに有効な【コミュニケーション特性検査】を活用できる

NLPメソッドの中でも特にコーチングに有効な、メタプログラム(言語パターンによる行動特性)を測定できる アセスメント(コミュニケーション特性検査)を活用し、 自己理解と他者理解に役立てることができます。

本検査は、仕事で求められるコミュニケーション特性を客観的に測定します。人は使用する言葉を無意識に選択しており、本検査はその言語パターンからコミュニケーション特性を分析します。 検査結果に基づきコミュニケーションを改善するための具体的な気づきを得て、 NLPコーチングに基づくフィードバックを通じて自己変革できるのが特長です。

000169_li

この【コュニケーション特性検査】は、
日経ビジネススクールの「チームビルディング研修」ほか、
大手商社はじめ一流企業の教育研修でも多数実施・導入されており、
職場のコミュニケーション改善に大きく貢献しています。

 ※NLPアセスメント【コミュニケーション特性検査】は、「公認プロフェッショナルNLPコーチ」養成コースの中で実際に受検して結果報告書(フィードバック)を得ることができます。

本アセスメントを活用することで、コーチングのきっかけを作ったり、 自己理解・他者理解を図ったり、チームの相互評価を行うなど、 クライアントの納得を得られる有効なツールとして活用いただくことができます。 インターネット環境があれば、どこからでも約15分で受検が可能です。

「公認プロフェッショナルNLPコーチ養成コースでは、メタプログラムの組織開発への活用の仕方を学ぶだけでなく、本アセスメントを廉価で仕入れて販売できる権利が得られます。 個人または組織のNLPコーチングに活用していただいたり、 講師の研修ツールとして活用することが可能となります。

コミュニケーション特性検査の概要

【活用用途】
クライアントの基本プロファイリング、エグゼクティブコーチング、 チームメンバーの自己理解・他者理解、コミュニケーション改善、組織診断など

【アウトプット】
検査結果報告書+関連メタプログラム説明書

【販売価格】 1受検あたり 5,000円(税別)
※公認プロフェッショナルNLPコーチ有資格者は、 代理店としての廉価な仕入価格で購入できます。

【受検方法】 WEB受検(事前に受検URLとIDをお送りします)

【受検時間】 約15分

特性検査 アウトプットイメージ
img02 (1)

 

5.「NLPコーチング®」の商標を使用することができる

「NLPコーチング®」は、(社)日本NLP能力開発協会の登録商標です。 当スクール所定のプログラムを修了し資格取得の要件を満たした方は、「NLPコーチング®」の商標を使用して、ご自分の資格 (「NLPコーチング®公認NLPコーチ」等)を表記できるようになります。 ご自身の名刺、プロフィール、WEBサイト、ブログ、 Facebook等のメディアにも使用していただけます。

NLPコーチング®の公認資格は、 既に多数輩出されているコーチング有資格者、NLP有資格者との差別化が可能です。既存のコーチング業界、NLP業界を包含する幅広いターゲット顧客を市場にしており、プロフェッショナルとして人材ビジネスをしていく方にとって リスクが少なく、費用対効果が高い資格であるといえます。

当スクールは、将来的にコーチまたはプロ講師として活躍される受講者の皆様が【NLPコーチング®】の商標を十分に活用して、 ご自身のビジネスの優位性を高めていただきたいと考えています。

 

6.とことん学べる!少人数制の資格認定コース

当協会では、受講者ひとり一人の課題解決に役立つよう、 講師との距離が近い少人数制のセミナー運営を心がけています。 一般的に、20人数名を超えるセミナーでは、 講師と受講者の距離が遠くなります。

他のスクールでは、大人数で運営するために 講師以外のアシスタントがフォローに入るケースがあります。 そのため、参加者の質問に的確に応えられなかったり、 間違った形でワークを進めてしまい理解が不十分のまま進行してしまうこともあるようです。

当協会の資格認定講座では、最大でも20名以内で実施。 それによって、講師が一人ひとりの問題に向き合い、フォローし、気づきを促進することができるのです。「学びの腑に落ち感が深い!」 →ある企業人事部の責任者である、当スクールの受講者の感想です。

nlpcc

NLPの学びを深く腹に落とし、 自ら実践し、成果を出せるようにするためには、 講師との距離が近い少人数制が有効です。 当協会では現在、 NLPコーチングの技術が広く普及される取り組みを行っており、 高品質の資格認定コースが実施され学びが継続されることを大切に考え、 少人数制で実施しています。

また、定期的にNLP勉強会や懇親会なども開催しています。大人になってからの仲間が自然にできるのが当スクールの特徴でもあります。

ttnlpcc