一般社団法人 NLPコーチング協会(NLPコーチング・NLPプレゼンテーション・NLP資格取得)|子育てにも活用できるコーチング

【運営】一般社団法人 日本NLP能力開発協会

  • 03-6420-0285
  • お問い合わせ
コーチングは子育てにも活かせる!
子育ての際、ひとつのスキルに

コーチングは子育ての場面でも大変役に立ちます。
共働き世帯の増加などライフスタイルの変化にともなって、
保育園や幼稚園で過ごす時間の多い子どもも増えています。
家庭はもちろんのこと、保育の現場でも
コーチングはとても重要なコミュニケーションスキルのひとつになっています。

子供の自発性を促すためのもの

子どもの気持ちや考えをありのままに受け止め、
子どもの自発的な考えや行動を促すのがコーチングのポイントです。
それぞれの子どもの可能性や好奇心、
そしてやる気を引き出すために、大人の適度なサポートが役に立つでしょう。

大人の場合と異なり、
子どもはまだ自分の考えや気持ちを
うまく整理して伝えることができないかもしれません。
自分なりに一生懸命考えようとしている姿勢を感じながら、
じっくりお話を聞いてあげることも大切です。

大人の価値観だけで良し悪しの判断をすることなく、
子どもたちの声に傾聴し「次はどうしたらいいかな?」とか
「どうしたらうまくできると思う?」と
前向きな気持ちになれるように質問を投げかけてみるのも良い方法です。

話し方が重要な要素

コーチングでは、話し方や言葉遣い、
表情も大切な要素です。
どんな声のトーンで、どんなふうに話しかけるのがよいのか、
また子どもが安心して過ごせるように、
身ぶりやジェスチャーなど
言葉以外のコミュニケーションにも工夫してみましょう。
しつけやマナーを教えるのとは異なり、
コーチングは子どものとの対話や問いかけによる
双方向のコミュニケーションによって
子どもの個性や自発性を促すのに効果があります。